子どもに合った学習塾に通わせよう!学習塾の特徴や塾選びのポイントなどを紹介

子どもによって個性もさまざまなので、学習塾選びは難しいのが通常です。要は本人の「やる気」が重要にはなりますが、それをいかに引き出してくれるか、といったことも着目点です。講師との相性もあるので、前もって調べておくことは必須。学習塾によって専業のプロ講師なのか、大学生のアルバイトなのかも違います。親しみやすいお兄さんお姉さんのようなタイプが良いケースもありますし、ビシッとグイグイ引っ張っていってくれる専業講師が良い場合もあるので、見極めが肝要です。

小学校の塾選びのポイント!中学受験の準備はいつから?

学習塾によっても又、個人差もあるので人それぞれにはなりますが、一般的には小学校中学年から高学年に進学塾のそれなりのコースに入る生徒が多いです。しかし近年、徐々に増えつつある共働き夫婦などでは、学童保育のかわりに進学塾に入れてしまうケースもあります。小学校低学年では楽しく参加していた学童を、だんだん子供ぽく感じる児童が一定数いることは否めません。そして費用がかかっても問題ない保護者達は、どうせなら学習塾で中学受験の準備もしてしまえ、と思うのです。「公文」に幼稚園から通っていた小学生達も学習習慣をつけたうえで、また進度は学年関係ないのでどんどん先取り学習をしたうえで、満を持して「サピックス」などで中学受験体制に突入する場合もよくあります。あるいは「Z会」の家庭学習で、ハイレベルな実力・学力をつけている子供も実は少なくありません。たとえば、かつて家庭教師や塾講師経験者の専業主婦が、自らのノウハウにより幼児教育から自分の子供に手をかけ指導したたまものなどです。

中学生向けの学習塾選びのポイント

中学生向けの学習塾を選ぶ場合には、まずは学習塾の評判や指導方法について確認しましょう。指導を受けられる講師や、その資格と経験なども重要です。塾ではそれぞれ工夫を凝らしたカリキュラムが提供されていますが、中学生向けのものがあるかどうかも確認することが大切です。また、目指す高校がある場合には進学を目標にした入試コースがあるか、受験対策を依頼できるかなども重要なポイントになっています。子供が学校帰りに通うことを考慮すると、場所についても慎重に見定める必要があります。自宅からあまりにも遠い場所にある場合、子供にとって大きな負担になる可能性があるはずです。通学に便利な場所にあれば、学習にかかる負担を最小限に抑えてプライベートの時間を確保することもできるようになっています。最後に費用も十分に確認しておくことをお勧めします。予算内の費用で収めることができなければ、継続的な利用が困難になります。最適な塾を見つけることができれば、子供の学力アップを期待できます。

高校生向けの学習塾選びのポイント

高校生向けの学習塾選びのポイントは、1つは志望する大学を受験するときに必要な科目を重点的に学べるかどうかです。国公立であれば全科目を網羅しなければなりませんが、私立であれば特定の科目だけ勉強をすればいいですし、不得意なところ重点的に学ぶほうが効率的だからです。特に高校生になると、自分が文系や理系かを判断することができますし、冷静に考えて不得意なところとそうでないところを知ることができます。勉強をしていると、つい得意分野ばかりに力を入れてしまいがちになりますが、苦手な部分を克服してこそ点数を獲得することに繋がります。学習塾では、科目ごとに受講できるところが多いですから、数学が苦手であればそちらに時間を割くということをおすすめします。数学といっても、偏差値などに合わせていくつかのコースがありますから、苦手であれな基礎コースをベースにしながら応用にも参加をするというように取捨選択をすることで時間を効率的に使えます。

オンライン学習塾のメリット・デメリット

インターネット経由で授業を受けることができる、オンライン学習塾が注目を集めています。オンライン学習塾の最大のメリットは、通学にかかる手間や時間を省くことができる、という点にあるでしょう。一般的な塾に通う場合、通学のために時間の都合をつけなければなりませんし、保護者の送迎が必要となる場合も少なくありません。インターネットの学習塾なら、自宅から授業を受けることができます。スケジュールに合わせて受講することが可能ですので、習い事や部活等で忙しいという場合も安心です。 自宅内に学習のための環境を用意しなければならない、というのはデメリットだといえるかもしれません。勉強に集中できる静かな環境と、ネット回線やパソコン等を用意する必要があります。また一般的な塾とは違い、他の生徒を意識することがないため、人によってはモチベーションを保ちにくいかもしれません。周りに他の人がいると集中しにくい、といったタイプの人にとっては、むしろ利点だといえます。

個人経営とフランチャイズ経営の学習塾はどちらがいい?

個人経営の学習塾のメリットは、経営方針や指導方針が自由であるという観点から独自のこだわりを持ったメソッドが存在するという点が挙げられます。
実際に、他の学習塾では学ぶことができないような内容を選択できる可能性を存在するので、そういったところで依頼を行えば効率的に学力向上ができる可能性が存在します。
また、地域密着型でサービスを提供しているため費用が安かったり親しみを持って通えるというメリットも大きいです。
反対、にフランチャイズの学習塾というのは大手の会社から得られたノウハウをそのまま利用することができるという大きな魅力があります。
例えば、近くに大手の塾が存在しなかったとしてもこういったフランチャイズのサービスを用いることによって、大手の学習塾が提供しているノウハウをそのまま勉強できるようになります。
ですから、受験対策などを考えている場合にはこうしたサービスを用いることで効率的な学習を進められます。

小学生から学習塾に行くメリットは?

子供のうちはできるだけ伸び伸びと遊ばせたいと考えている親御さん達がとても多いですが、将来的に有名な大学に入学させることを希望していたり、世界的に活躍していけるような優秀な人材に育って欲しいと願っている場合には、勉強に関する基礎をしっかりと身に付けてどの大学にも合格できるだけの実力を養っておくことが非常に大切になってきます。
また、そのような環境を整えていくためには学校の授業だけでは不十分だと言えるので、ある程度時間に余裕があるのであれば積極的に学習塾に通わせてみることをおすすめします。
学習塾に通わせることで得られるメリットに関しては、小さいちから学習に関する基礎を学ぶことができるため、勉強に対する苦手意識を芽生えさせることが無くなることです。
更に、学習塾なら苦手科目を克服できるように重点的に学ぶことも可能になるので、授業で後れをとっていたり苦手にしている科目でもどんどん成績を上げて実力アップがはかれるようになります。

発達障害のある子ども向け学習塾とは?

発達障害のある子ども達はさまざまな特性があるので、一般的な学習塾で勉強するのが難しい場合が多いのではないでしょうか。
そのような場合におすすめしたいのが、発達障害のある子供向けの学習塾です。
この塾はオーダーメイドの個別指導になっているので、子ども一人ひとりに合わせた学習プランを作成することができます。
またさまざまな講師が教えるスタイルではなく、担任制になっているので不安感が強い子どもでも安心です。
教室での授業時間は週に1時間程度ですが、家庭での学習を進められるようにフォローアップを充実させているという特徴があります。
教室でできたことを家庭でも実践することによって、さらに成長を促すことができます。
個別指導時には子どもが理解しやすい学び方で、夢中になれる教材を使用して、着実にできる自信を育んでいます。
専門家が監修した教育プログラムや教材を使用しているので、効果的に子どもの成長を促すことができるのでおすすめです。

受験対策に!効果的な学習塾の使い方

受験対策に効果的な学習塾の使い方として、どんなものがあるか知っていますか。
基本的に学習塾は講師が生徒に勉強を教えてくれるところですが、それ以外にも活用方法が色々あるので、それを上手く利用して受験対策をすることが最適であると言えます。
使い方のポイントとしては、自習室を活用することです。
自宅だと誘惑するものがたくさんあるので、勉強に集中できないという子どもが多いのではないでしょうか。
自習室はゲーム機やテレビなどの誘惑するようなものがないので、勉強に集中することができます。
わからないところがあれば、手の空いている講師に質問できるというメリットもあります。
他にも講師に頼めば、自分の希望校に適した問題集や過去問を手に入れることが可能です。
学習塾の講師はさまざまな学校の受験情報を知っていることが多いので、どのような問題を解けば合格に近づくことができるのか教えてもらうことができます。
このように学習塾を効果的に使って、志望校合格を勝ち取りましょう。

大学受験向け!学習塾と予備校の違いは?

学習塾と予備校は、受験に向けての指導を受けられる場所であることは共通しています。
どちらにも、まとめてたくさんの生徒を1つの教室で指導するタイプと、1人の講師が1名から数名程度の少人数を受け持つタイプの大きく2種類の指導体制があります。
しかし、学習塾は現役の学生を主なターゲットとし、受験だけでなく学校で日々行われる授業の対策や定期試験に向けてのサポートも行うのに対し、予備校は現役の学生と浪人生を対象とし、大学受験の合格という目標に特化した指導を行います。
講師の質については両者で顕著な違いはなく、入校する所次第です。
ただし、指導内容に定評があり、テレビや雑誌などに度々登場するほど有名な講師は、学習塾には少ない傾向にあります。
上記のような違いがあるため、現役の学生が学力向上を目指す場合は自身の目標や目的に合う所に入らないと、十分な学力が身につかず、人によっては学力がダウンしてしまうことがあるので注意しましょう。

東浦町おすすめの学習塾に関する情報サイト
学習塾まとめ

学習塾といっても中身は色々です。講師によって又その塾のシステムによっても、効率が全く違ってきます。親がいくらプロが良いからと思っても、高圧的・強制的な感じが子どもにとっては嫌かもしれません。また部活動や習い事などで忙しい日常では、時間の融通が利く塾が重宝されています。たとえば鉢巻をまいて勢いをつけてくれる集団塾が向いているのか、面倒見良くきめ細やかな指導をしてくれる個別塾が良いのかも性格ごとに違ってきます。

Search